検索
  • プロジェクトスタッフ

8月6日

今日は平和を考える上で重要な日です。

元号が変わる昨年、薄れていく戦争の記憶を後世に伝えるために制作した「タイムカプセルプロジェクト 広島被爆体験証言者の想い」。

歴史保存+遠方にいてなかなか平和学習ができない子供達がVRを通して証言者の講話を聞きいて学習してもらうというコンセプトでした。そして、このコンセプトはコロナ禍の現在の教育にも活きると思ってます。

未来を見据え、人々の役立つものを映像で表現するというクリエイターにとって一番忘れてはいけないことをこれからも続けていくと胸に誓い、広島並びに長崎の原爆犠牲者のご冥福をお祈り申し上げます。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2011年3月11日14時46分。東日本大震災が日本を襲い、津波をはじめとした災害、またそれに関連する内面的な理由から、多くの命が失われました。失われた全ての命に祈りを捧げます。 震災から11年が経過し、東日本大震災の記憶は人々の記憶から少なからず薄らいでいます。 震災の風化問題、それは震災の事実だけでなく「心の風化」もです。 震災を通して再認識した「生きている事のありがたみ・人々との繋がり・助け