震災はあらゆる日常を奪った。街の景観、人々の当たり前の生活、子供達の笑い声・・・。

その現実を目の当たりにし、「自分たちにも何かできることはないか」と奮い立った有志達が小さなボランティア団体を結成。奥州市と陸前高田市、距離を超越した心の交流が始まった。

震災から10年が過ぎた現在、ボランティアによって紡がれた絆は未来へ繋がっていく。